社長メッセージ

贈り物の原点を見据えて
モノ・コトの新たなる機能をつくるために

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社は、呉服商に始まり昭和 29 年石森良三が繊維商品の卸商として創業致しました。その後、冠婚葬祭の贈答品を取り扱い、タオルから金物・陶器にいたるまで取り揃え、総合ギフト商社への道を歩み、長年地域の贈答文化を支えて参りました。

今日ギフト業界も成長期から成熟期へ、量から質へ転換期に入り、ニーズの細分化・多様性が求められています。
贈り物とは何か。それは贈り手のこだわりと贈り先の喜びや楽しみの共有〝モノコミュニケーション〟が贈り物の原点です。
従来の商品を物として流通させる単一方向の卸機能から、贈り物の原点を見据えたモノ・コトの新たなる双方向の機能を創造し、地域のお客様ばかりでなく地域のサプライヤーの方たちと手を取り合い、地域産業の活性化(共存共栄)につながるプラットフォームになることがあるべき姿ではないかと考えます。

私たちの企業使命である、仕入先様とお取引先様、そしてお客様を「結ぶ」役割を果たし、地域の良きモノ・コトを多くの方々に知っていただき、発見や喜びを与えることで、地域社会に貢献したいと思います。
今後ともより一層のご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

石森株式会社
代表取締役社長 石森 義久

社長メッセージ